2017年8月13日日曜日

原鉄道模型博物館 / 森田芳光「僕達急行 A列車で行こう」

*6歳の孫と妻と私の3人で観て参りました。原鉄道模型博物館は横浜駅東口からそごう横浜店、日産本社の方面に進み、日産本社隣の横浜三井ビルの2階にあります。徒歩5分。
2012年に開館。原信太郎氏が製作所蔵した鉄道模型と鉄道コレクションが展示されています。
夏休みとあって子ども連れの家族で賑わっていました。きかんしゃトーマスもジオラマで走らさせていました。鉄ちゃんと思しき親子もチラホラいました。
2017/08/08観覧
美博の館



★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


森田芳光監督の遺作「僕達急行 A列車で行こう」2012年を観る。
監督脚本:森田芳光
配給:東映

出演
・松山ケンイチ:小町圭
・瑛太;小玉健太
・貫地谷しほり:相馬あずさ
・村川絵梨;日向みどり
・ピエール瀧:筑後雅也
・笹野高史:小玉哲夫
・松坂慶子:北斗みのり
・伊武雅刀(早登野庄一) 西岡徳馬(天城勇智)
・伊東ゆかり(大空ふらの) 星野知子(日向いなほ) 松平千里(大空あやめ)

のぞみ地所の社員小玉圭とコダマ鉄工所の二代目小玉健太はともに鉄道マニアで、ふとしたきっかけで知り合い意気投合する。鉄道には情熱を注ぐ二人だが、恋愛にはともに消極的だった。
ある日、小町に九州支社へ転勤命令が下る。

2011年12月20日に亡くなった森田芳光さんの遺作。30年以上前から温めていた企画の映画化。

登場人物や会社名には特急急行快速列車の愛称が付いていて、森田さんの鉄ちゃんぶりがうかがえます。興味がない私でも、なんだか鉄道が好きになってしまそうです。出生地の近くの鶴見線や京急に親近感が湧くなぁ。

松山ケンイチと瑛太は、女性に対して草食系男子でほのぼのしていい。

拙ブログ「森田芳光」関連
「武士の家計簿」2010年 森田芳光監督 磯田道史原作 堺雅人 仲間由紀恵 中村雅俊 松坂慶子 
「家族ゲーム」1983年 森田芳光監督 松田優作 宮川一朗太 伊丹十三 由紀さおり

Amazonビデオ
2017年8月9日観映 #262
映劇の芸

2017年8月12日土曜日

女が嫌いな女2 / 松山ケンイチ×北川景子「の・ようなもの のようなもの」

*「女が嫌いな女ランキング2017」の続き__11小池百合子  12指原莉乃  13安倍昭恵  14加藤綾子  15丸川珠代  16石原さとみ  17広瀬すず  18水卜麻美  19吹石一恵  20高市早苗__となっています。週刊文春メルマガ女性会員を対象に7月10日から8月4日まで募集し、総票数は2000超にのぼった。トップ10と比べ11位以下は羨望や好みが強く反映されていると思いますが、みなさんはどう感じますか?     ×     ×  

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


松山ケンイチ主演の「の・ようなもの のようなもの」2016年を観る。
監督:杉山泰一
原案:森田芳光
脚本;堀口正樹
配給:松竹 

出演
・松山ケンイチ;志ん田
・北川景子;夕美(志ん米の娘)
・伊藤克信;志ん魚
・尾藤イサオ:出船亭志ん米
・でんでん:出船亭志ん水
・野村宏伸:出船亭志ん麦
・三田佳子:斉藤女会長
・鈴木亮平(蕎麦屋の出前) 内海桂子(秋枝婆さん)
・ピエール瀧 鈴木京香 佐々木蔵之介 塚地武雄
・笹野高史 宮川一朗太 仲村トオル 

2011年急逝した森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」のその後を描く。
東京下町、谷中。30歳で脱サラ、落語家をめざし出船亭に入門した志ん田は芽が出ない前座だった。師匠の志ん米の娘夕実に秘かに想いを寄せていた。
ある日、師匠からかつて在籍していた志ん魚を探してほしいと頼まれる。

伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんは旧作と同じ役柄で出演、杉山泰一監督は森田芳光さんお助監督を長らく務めていた。松山ケンイチは森田芳光監督の遺作「僕達急行 A列車で行こう」に主演、北川景子は佐々木蔵之介と塚地武雅が主演の「間宮兄弟」に出演している。森田芳光氏へのオマージュ作品です。

Amazonビデオ 
2017年8月7日観映 #261 
映劇の芸

2017年8月10日木曜日

女が嫌いな女 / 堀部圭亮×内野聖陽「悪夢のエレベーター」

*「女が嫌いな女ランキング2017」週刊文春アンケート(2017/08/09)__1松居一代  2稲田朋美  3上西小百合  4工藤静香  5蓮舫  6和田アキ子  7豊田真由子  8ベッキー  9藤原紀香  10今井絵理子(敬称略)__シビアだよね^_^) でも男から見てもナットクかな f^_^;)     ×     ×   

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

人気ブログランキング

堀部圭亮監督×内野聖陽主演の映画「悪夢のエレベーター」2009年を観る。
監督:堀部圭亮
脚本:堀部圭亮・鈴木謙一 
原作:木下半太
配給:日活

出演
・内野聖陽:安井三郎
・佐津川愛美:愛敬カオル
・モト冬樹:牧原静夫 
・斎藤工:小川順
・大堀こういち:マンション管理人
・芦名星:須藤陽子(小川の愛人)
・本上まなみ:麻奈実(小川の妻)

マンションのエレベーターで小川順は突然気を失う。気がつくと、一緒に乗り合わせた関西弁を話すヤクザ風の男、ゴスロリ少女、ジョキングに出かけようとした男だった。エレベーターは急停止して、4人は閉じ込められてしました。小川は妻 麻奈実の出産に立ち会うに向かう途中だった。

密室で繰り広げられる恐怖と笑いの人間模様ドラマ。
監督は俳優で放送作家の堀部圭亮。

Amazonビデオ
2017年8月4日観映 #260

映劇の芸

2017年8月5日土曜日

同期の桜が散った

*同期入社のKKさんが亡くなった。ショックで寂しい。現役時代は堅実な整理だった。私とは真逆の理論派で、40代で取締役に昇った出世頭だった。50代に転職し別会社で役員を務めていた。70歳は若いよな。すい臓癌だった。発見されにくい癌なのだよね。そういえば、敬愛するツーさんさんもすい臓がんだった。命日が近い。

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

今年は訃報が会社からよく届く。3月にはTさん、5月にTさん。お二人には入社時のデスクで薫陶を受けた。『タムコフ・キョージンスキー』『トノコフ・クロスキー』なんて少しばかり揶揄(からか)いながらも愛着を込めた愛称で陰では呼んでいたっけ。

ご冥福をお祈りするばかりだ。