2013年11月12日火曜日

映画「清須会議」三谷幸喜監督

*体臭口臭がメッチャきつい柴田勝家(役所広司)__。        
映画館で何十年ぶりかで映画を観る @みなとみらいGENTO YOKOHAMA内109シネマズMM横浜。
「清須会議」三谷幸喜監督(原作・脚本とも)歴史エンターテイメント映画。       ×     ×



★ブログ・ランキング参加中。
いいね! ひとオシ ご協力ください。

にほんブログ村

人気ブログランキング   


清洲会議(清須の表記も)とその前後のおさらい__            

・天正10年6月2日  本能寺の変  織田信長と嫡男信忠が明智光秀に討たれる。   
・天正10年6月13日  山崎の戦い  羽柴秀吉が明智光秀に勝利。    

本能寺の変後、天正10年(1582年)6月27日に尾張清洲城で開催された織田家後継者と遺領の配分を決めた会議。織田家の家老、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興が出席。

信長の三男信孝を推す勝家と信忠の嫡男三法師を推す秀吉の対立となったが、秀吉の光秀討伐の功労と長秀らの支持で、後継者は三法師となり、信孝は後見と決まった。

・天正11年  賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い  羽柴秀吉(のちの豊臣)が柴田勝家に勝利。

×     ×    ×    

映画は視覚と聴覚に訴えるが、臭覚は伝わらない。
でも、なんとなく臭いのだ ^_^)。
柴田勝家の役所広司だ。
勝家が信長の妹・市の幼い娘・江を愛おしく抱くのだが、
臭さと汚らしさに泣き叫ぶシーンがあった。

戦国武将って滅多に風呂に入らなかったろうし、
さぞかし体臭も強かった、きっと。
ナットクだな。

織田信長の篠井英介は教科書に出てくる信長にそっくり。
もともと似ているのか、メイクの上手さか。

秀吉の大泉洋も見事な禿げネズミぶり。
妻の寧の中谷美紀のダンスは艶っぽい。
織田信雄の妻夫木聡の馬鹿っぷりも笑える。

歴史好きには愉しめる。

2013年11月12日観映

0 件のコメント: