2017年7月22日土曜日

α波 / 没後30年 石原裕次郎「銀座の恋の物語」

*絵を観てると心穏やかになる。心地よい。脳に《α波》が出ている状態ではないかな。静かな野山や海辺をそぞろ歩くのと似ている気がする。思えば、現役のころギスギスとストレスだらけの生活だった。古希を迎え、こうした癒す、寛(くつろぐ)ぐα波タイムを意識して設けたい。
★「春の院展」
そごう美術館(横浜駅東口・そごう横浜店6階)
開催=2017年7月14日~7月23日
2017年7月20日観覧
美博の館         ×     ×      

★ブログランキング参加中。  
ご協力お願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


1987年(昭和62年)7月17日に亡くなって早30年、国民的スター石原裕次郎主演の映画「銀座の恋の物語」1962年を観る。裕次郎と牧村旬子の同名デュエット曲のヒットを受けて映画化された歌謡メロドラマ。
監督:蔵原惟繕
脚本:山田信夫・熊井啓
配給:日活

出演
・石原裕次郎:伴次郎
・浅丘ルリ子:秋田久子
・江利チエミ:関口典子
・ジェリー藤尾:宮本修二
・牧村旬子(柳井樹里) 和泉雅子(キン子)
・清水将夫(春山) 深江章喜(沢村) 清川虹子(お松)
・高品格(武さん) 三崎千恵子(秀子) 星ナオミ(芸者)
・下條正巳(医者) 井上昭文(巡査) 金井克子

銀座の裏町で暮らす売れない絵描きの伴次郎は、針子の秋田久子と愛し合っていた。貧しいながらも明るく生きる二人の幸せは、ある日突然引き裂かれる。久子は交通事故に遭い、その場から消えてしまう。
やがて次郎は久子を探し出すが、久子は過去の記憶を失っていた。

映画公開が1962年だから東京五輪(1964年)以前。当時の風俗が懐かしい。銀座の裏町には舗装されていない道があり、貧乏画家の裕次郎とピアニストのジェリー藤尾がルームシェアするのは、木造の小汚いアパートだ。浅丘ルリ子がお針子さん。清川虹子は焼き芋の屋台のおばちゃんでした。冒頭のシーンで、芸者さんを乗せて人力車の車夫をしている裕次郎が街を突っ走っていた。変わらないのは和光の姿だったな。

♪心の底まで しびれるような
  吐息が切ない 囁きだから 
「銀恋」が流れる。大高ひさを作詞・鏑木創作曲。

裕次郎の甘い歌声はもちろん、江利チエミが「奴さん」「ノッポの彼氏とおチビの彼女」(高島忠夫作詞作曲)を披露しています。

拙ブログ「石原裕次郎」関連
「狂った果実」1956年 中平康監督 石原裕次郎 北原三枝 津川雅彦 岡田真澄 
「赤い波止場」1958年 舛田利雄監督 石原裕次郎 北原三枝 大坂志郎 二谷英明 
「嵐を呼ぶ男」1957年 井上梅次監督 石原裕次郎 北原三枝 芦川いづみ 青山恭二 金子信雄 
「鷲と鷹」1957年 井上梅次監督 石原裕次郎 三国蓮太郎 浅丘ルリ子 長門裕之 月丘夢路 
「幕末太陽傳」1957年 川島雄三監督 フランキー堺 南田洋子 左幸子 石原裕次郎 芦川いづみ 

TV録画 
2017年7月18日観映 #257
映劇の芸

2017年7月15日土曜日

恋々 / 菅原文太×夏目雅子「トラック野郎 男一匹桃次郎」

*「地位に恋々」などと公に他人を誹謗するのはNGだ。その根拠がまた聞き伝聞では中傷となる。人の倫(みち)に外れる。
そもそも、地位に拘るのって悪いことかい? 誰だって生活があるのだよ。あたしゃ大いに恋々するぞ。
菅さんは前川さんに詫びを入れた方がいい。そう思うけどね。みなさん どうですか?    ×    ×     

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


菅原文太主演の映画「トラック野郎 男一匹桃次郎」1977年を観る。シリーズ第6弾。マドンナは夏目雅子。
監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文・掛札雅裕
配給:東映

出演
・菅原文太:星桃次郎
・愛川欽也(松下金造) 春川ますみ(妻・君江)
・夏目雅子:小早川雅子
・若山富三郎(袴田太一) 浜木綿子(妻・由紀)
・清水健太郎:村瀬薫
・左とん平(花山電吉) 湯原昌幸 南利明 堺正章
・加藤嘉 野村昭子 長門勇
・桂歌丸 三遊亭小円遊 笑福亭鶴光 ばってん荒川 

熊本の青果市場で、追われている花山電吉を助けた桃次郎とジョナサン。お礼にとふぐ料理をご馳走になるが、肝を食った桃次郎は当たってしまう。当地の解毒法で首まで地面に埋められてしまう。ここで桃次郎は女子大生の小早川雅子に出遭い、またまた一目惚れする。

夏目雅子がふっくらしている。デビューから日が浅い20歳の作品。トラック野郎の正月映画のマドンナは将来性を見込んだ大抜擢だったのだろうね。
「時代屋の女房」1983年 森崎東監督 渡瀬恒彦 夏目雅子 津川雅彦 
「瀬戸内少年野球団」1984年 篠田正浩監督 阿久悠原作 夏目雅子 郷ひろみ 渡辺謙 岩下志麻 
「鬼龍院花子の生涯」1982年 五社英雄監督 夏目雅子 仲代達矢 仙道敦子 岩下志麻 
夏目の恋人役 清水健太郎は1976年デビュー曲「失恋レストラン」がヒットし、起用された。

拙ブログ「菅原文太」関連
「ダイナマイトどんどん」1978年 岡本喜八監督 菅原文太 北大路欣也 宮下順子 
「トラック野郎 望郷一番星」シリーズ第3作1976年 鈴木則文監督 菅原文太 愛川欽也 梅宮辰夫 島田陽子 
「仁義なき戦い」1973年 深作欣二監督 菅原文太 松方弘樹 金子信雄 梅宮辰夫 中村英子 
「仁義なき戦い 広島死闘篇」1973年 深作欣二監督 菅原文太 北大路欣也 千葉真一 梶芽衣子 名和宏 

Amazonビデオ
2017年7月10日観映 #256

映劇の芸

2017年7月11日火曜日

6歳の時事感覚 / 渡瀬恒彦×夏目雅子「時代屋の女房」

*危険生物ヒアリ日本上陸のTV報道が流れた。孫二人に注意しようと思ったら、6歳の兄がすかさず3歳の弟に向かって、「Oちゃん、アリに触っちゃダメだからね。わかった?」と教えていた。先生やパパママからの影響だろう。今どきの小学1年生は結構ニュースに敏感だ。将棋の藤井聡太四段の活躍も知っていた。じいじと時事放談も近いぞ(^_^)     ×     ×     

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


渡瀬恒彦×夏目雅子主演の映画「時代屋の女房」1983年を観る。
監督 : 森崎東 
原作 : 村松友視(1982年直木賞受賞)
脚本 : 森崎東・荒井晴彦・長尾啓司
配給 : 松竹 

出演
・渡瀬恒彦:安さん
・夏目雅子:真弓、美郷
・津川雅彦:サンライズ・マスター
・沖田浩之:若者
・中山貴美子(ユキちゃん) 趙方豪(渡辺くん) 
・藤田弓子(トン吉おかみ) 藤木悠(おやじ)
・大坂志郎(クリーニング店・今井さん) 初井言栄(妻)
・平田満:鈴木健一
・朝丘雪路:菊池松江

東京の大井で35歳独り身の安さんは骨董屋を営んでいる。ガラクタばかりが並ぶ小さな店内だが、品物ではなくその思い出(時代)を売る時代屋だった。
夏のある日、日傘をさし野良猫を抱えた真弓という、いい女がやって来て居ついてしまう。真弓はふと居なくなり、家をあけ、何日かして戻って来ることがある。安さんは真弓に事情を尋ねたりはしない。

夏目雅子が謎を秘めた真弓と、結婚のため田舎に戻る美郷の二役を演じています。美郷のではウエスト辺りが少し太め、真弓はスリムなガラクタ成熟の裸身を見せています。役作りの工夫かと感心しました。美しさが先行しがちですが、なかなかの女優さんと看ました。
「瀬戸内少年野球団」1984年 篠田正浩監督 阿久悠原作 夏目雅子 郷ひろみ 渡辺謙 岩下志麻 
「鬼龍院花子の生涯」1982年 五社英雄監督 夏目雅子 仲代達矢 仙道敦子 岩下志麻 

3月に72歳で亡くなった渡瀬恒彦さんが気のいい中年男を好演しています。
「影の軍団 服部半蔵」1980年 工藤栄一監督 渡瀬恒彦 西郷輝彦 森下愛子 
「セーラー服と機関銃」1981年 相米慎二監督 薬師丸ひろ子 渡瀬恒彦 風祭ゆき
「戦国自衛隊」1979年 齊藤光正監督 千葉真一 渡瀬恒彦 夏八木勲 小野みゆき 

中山貴美子って、あびる優の母親なんですね。初めて知りました。

iTunes 
2017年7月7日観映 #255
映劇の芸
*思い出したら、安否確認のつもりでのぞいてください(^_^)

2017年7月9日日曜日

増上慢に鉄槌 / 大野智×石原さとみ「忍びの国」

*『増上慢』という言葉を連想している。安倍政権のことだ。
明智光秀が織田信長の増上慢に「本能寺の変」を決起したという解釈の大河ドラマがあった。「江」だったか、うろ覚えだ。増上慢とは、仏語由来で悟りを開いてないのに、身に備わったと驕ることだそうだ。
都議会選挙で自民党が惨敗した。それは、安倍政権の驕りを都民は感じ取った結果だろう。鉄槌が下った。    ×     × 

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


大野智主演の映画「忍びの国」2017年を観る。
監督:中村義洋
原作脚本:和田竜
配給:東宝

出演
・大野智:無門
・石原さとみ:お国
・伊勢谷友介:日置大膳
・鈴木亮平:下山平兵衛
・知念侑李:織田信雄
・マキタスポーツ:長野左京亮
・平祐奈(北畠凛) 國村隼(北畠具教)
・満島真之介(下山次郎兵衛) でんでん(下山甲斐)
・立川談春(百地三太夫) きたろう(音羽の半六)

戦国時代末期、織田信雄軍と伊賀忍者との間で起こった戦、天正伊賀の乱を題材としたアクション時代劇。
織田信長は天下統一をめざしていた。息子の信勝を伊勢国の北畠家に養子に出し、信勝が北畠具教を討ち伊勢国を治めた。次は伊賀と虎視眈々と狙いを定めた。伊賀は百地三太夫や下山甲斐ら有力忍者の合議制の自治共同体だった。その中で無門は、下人で普段は女房のお国の尻に敷かれていた。
圧倒的な軍勢の織田信雄軍がいよいよ伊賀に攻めて来ることになった……。

大野智のアクロバティックな殺陣が魅せる。身体能力の高さが感じられる。妻お国の石原さとみ、無双の弓の名手日置大膳の伊勢谷友介、忍びの下山平兵衛の鈴木亮平が脇を固める。

中村義洋監督は大野智主演の映画「怪物くん」でもメガホンを握っている。
「チーム・バチスタの栄光」2008年 中村義洋監督 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 玉山鉄二
「殿、利息でござる」l2016年 中村義洋監督 阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 

横浜ブルグ13 
2017年7月6日観映 #254
映劇の芸
*思い出したら、安否確認のつもりでのぞいてください(^_^)

2017年7月6日木曜日

没後30年 石原裕次郎「狂った果実」

*石原裕次郎さんの命日が今年もやって来る。1987年(昭和62年)7月17日に52歳で世を去ってから早30年が経つ。「太陽の季節」で初めて映画に出て、既存の俳優にない新鮮さが注目を浴び、主演デビュー作品となったのが「狂った果実」だった。    ×      ×     

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


石原裕次郎主演の「狂った果実」1956年を観る。
監督:中平康
原作脚本:石原慎太郎 
プロデュース:水の江瀧子 
配給:日活 

出演
・石原裕次郎;滝島夏久
・北原三枝:天草恵梨
・津川雅彦:滝島春次
・岡田眞澄:平沢フランク
・芦田伸介;夏久と春次の父
・長門裕之 石原慎太郎 近藤宏 

鎌倉に住む裕福な家庭の兄弟、滝島夏久と春次。兄の夏久はたくましく遊び人だが、弟の春次はまだ華奢で純真、女性を知らない。二人で海に遊びに行った逗子駅で落とした帽子を拾ってくれた天草恵梨に、春次は一目惚れする。その後、兄弟は海で恵梨を再会する。春次はどんどん恵梨にのめり込んでいく。
ある日、夏久は平沢らと遊びに行った横浜のクラブで外国人と踊る恵梨を見つけた。詰め寄り問いただすと一緒にいたのは夫だというのだった。

石原裕次郎が輝いている。圧倒的な存在感が光る。以来、スター街道を突っ走ることになる。

「太陽の季節」の姉妹編というべき作品。「太陽のー」の公開が1956年5月17日、「狂った果実」は同年7月12日だった。その間、たった2ヶ月弱。太陽族映画にブームを察したら日活が急ぎ制作した。だが、しかし。名作だと思う。

春次のモーターボートが夏久と恵梨のヨットの猛スピードで突っ込むラストシーンが鮮烈だ。ルネ・クレマン監督×アラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」を連想させた。というより、「太陽がいっぱい」が1960年公開だから、「狂った果実」がさきがけとなったといえる。フランス映画ヌーベル・バーグに影響を与えた。

恵梨の夫は外国人の将校風で時々恵梨の家に訪ねて来る関係。普通の夫婦ではなく、恵梨は『オンリー』だよね。

拙ブログ「石原裕次郎」関連
「赤い波止場」1958年 舛田利雄監督 石原裕次郎 北原三枝 大坂志郎 二谷英明 
「嵐を呼ぶ男」1957年 井上梅次監督 石原裕次郎 北原三枝 芦川いづみ 青山恭二 金子信雄 
「鷲と鷹」1957年 井上梅次監督 石原裕次郎 三国蓮太郎 浅丘ルリ子 長門裕之 月丘夢路 
「幕末太陽傳」1957年 川島雄三監督 フランキー堺 南田洋子 左幸子 石原裕次郎 芦川いづみ 

TV録画
2017年6月25日観映 #253
映劇の芸
*思い出したら、安否確認のつもりでのぞいてください(^_^)

2017年7月2日日曜日

上田利治さん forever 1978日本シリーズ

*プロ野球、阪急監督としての黄金時代を築いた上田利治さんが亡くなった 2017/07/01。80歳だった。   

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


1978年(昭和53年)日本シリーズ。3勝3敗で迎えたヤクルト-阪急の第7戦。後楽園球場。
6回に左翼線ポールの上を、大杉勝男の放った打球は消えた。フェアかファウルか微妙だったが、判定はホームランとなった。
そのとき、阪急監督の上田利治はファウルを主張し猛然と抗議した。線審の富沢宏哉の交代を求めた。審判団が拒否したため、上田監督は選手をベンチに引き上げさせる。さらに抗議を続けた。ついには当時の金子鋭コミッショナーが上田の元に出向き、「試合を再開してほしい」と頭を下げる事態となった。この抗議による中断時間はシリーズ最長となる1時間19分に及んだ。なんとか再開されたが、阪急は0-4で敗れ、日本シリーズ4連覇を逃した。その試合後、上田は直ちに混乱の責任をとり辞任を発表したのだった。

日本シリーズ第7戦(1978/10/22 後楽園球場) 
阪      急 000 000 000=0
ヤクルト 000 012 01×=4
勝利投手 松岡
敗戦投手 足立
本塁打 大杉3号(6回足立) マニエル3号(6回松本) 大杉4号(8回山田) 
*シリーズMVPは大杉が選ばれた。

上田さんといえば、あの抗議の激しさを思い出す。私はヤクルト担当記者でした。戦前の下馬評では阪急の圧倒的有利を覆し、監督広岡達朗率いるヤクルトの初の日本一の原稿をどう書こうか思案していました。抗議というハプニングが起こり、構想がまとまらなくなりました。1時間19分がおそらく2倍、3倍もの長さに感じられました。締め切り時間がどんどん迫るなか、大いに焦っていました。記者としての実力不足を痛感する出来事でした。

大杉の打球は左翼ポール付近、その上を越えて行きました。記者席から観ていましたが、ファウルかフェアか判断がつきません。抗議が長引いた根底には、上田さんに外審を務めた富沢さんへの不信感があったかもしれません。

・上田利治さん forever 
監督成績=1322勝1136敗116分け 
阪急-オリックス-日本ハムで20年2574試合 
リーグ優勝5度 日本一3度
2003年に野球殿堂入りを果たす。

選手成績
通算3年 121試合 283打数 58安打 2本塁打 17打点 打率2割1分8厘 
現役引退後、25歳で広島二軍コーチとなり指導者の道を歩む。

関西大学時代にはエース村山実とバッテリーを組む。

知将ながら心猛き監督でした。

2017年7月1日土曜日

藤井聡太余談 / 池松壮亮×菅田将暉「セトウツミ」

*将棋界の新星、藤井聡太四段のグッズ、ジグソーパズルが発売された。「大志」と自ら揮毫した扇子、クリアファイルに次ぐ第3弾。売れている。あれって作家や歌手みたいに印税収入になるのだよね、きっと。プロ棋士だから対局料もある。14歳にして……。あんな孫を持ったら、さぞや楽隠居だ。
どうも、あたしゃ品性下劣でいかん、藤井余談であります f^_^;)    ×     ×   

★ブログランキング参加中。  
ご協力お願いします m(_ _)m    

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


藤井四段は瀬戸市出身。「セトウツミ」の「セト」どうでもいい共通点を見つけニヤリです。池松壮亮×菅田将暉主演の映画「セトウツミ」2016年を観る。
監督:大森立嗣
脚本:宮崎大、大森立嗣 
原作:此元和津也
音楽:平本正宏
配給:ブロードメディア・スタジオ

出演
・池松壮亮:内海
・菅田将暉:瀬戸
・中条あやみ:樫村

関西の高校生二人、瀬戸と内海が放課後川辺に座りながら喋る。ただ、それだけの物語。

まるで漫才のような二人の掛け合いにクスリとする。原作は人気漫画。人気俳優の池松壮亮と菅田将暉の息が合っている。

池松壮亮は、「紙の月」では宮沢りえの相手役のジゴロ風な大学生を演じていた。意外と観ている。
「紙の月」2014年 吉田大八監督 宮沢りえ 池松壮亮 大島優子 小林聡美 2017/06/24 
「大空港2013」2013年 三谷幸喜関東 竹内結子 香川照之 生瀬勝久 オダギリジョー 池松壮亮 2017/04/15 
「海よりもまだ深く」2016年 是枝裕和監督 阿部寛 真木よう子 樹木希林 小林聡美 池松壮亮 2016/06/11 
「バンクーバーの朝日」2014年 石井裕也監督 妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮 2015/01/08 
「ぼくたちの家族」2014年 石井裕也監督 妻夫木聡 原田美枝子 長塚京三 池松壮亮 2014/05/29 

拙ブログ「大森立嗣」関連 
「まほろば駅前夛田便利軒」2011年 大森立嗣監督 瑛太 松田龍平 片岡礼子 鈴木杏 2014/10/18 

Amazonビデオ
2017年6月23日観映 #252

映劇の芸

2017年6月27日火曜日

安倍一強の陰り / 伊藤淳史「神様からひと言」

*「もり」も「かけ」も蕎麦屋じゃ最も安価と相場が決まっている。でもね、踏み倒せばつかまっちまうぜ。森友学園に加計学園。大したことじゃないとたかをくくっていたとしたら、大間違いだ。驕れる者久しからず。千丈の堤もアリの一穴から。安倍一強に陰りが見える。国政を占う都議選でどう審判が下るか。   ×     ×      

★ブログランキング参加中。 
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


2017年6月にNHKで放送予定だったが、主演の小出恵介の不祥事で放送中止となったドラマ「神様からひと言」を伊藤淳史主演WOWOW版2006年で観る。
監督:古厩智之(ふるまや・ともゆき)
脚本:吉川次郎
原作:荻原浩
制作:WOWOW

出演
・伊藤淳史:佐倉涼平
・陣内孝則:篠塚薫
・原沙知絵:宍戸由里
・田山涼成 嶋田久作 小倉一郎 脇和弘 
・野村宏伸:玉川政彰(社長)
・犬塚弘:謎の番頭
・豊原功補:人気ラーメン店店主
・セイン・カミュ(神様) 松澤一之 

中堅食品会社に大手広告代理店から転職した佐倉涼平は、入社早々会議でしくじり「お客様相談室」に左遷されてしまう。そこにはクレーム処理だけに天才的な能力を見せる中年の篠塚薫や、壊れ気味の元社長秘書の宍戸由里らくせ者ぞろいだった。

伊藤淳史が正義感のある社員を演じている。
「ビリギャル」2015年 土井裕康監督 有村架純 伊藤淳史 吉田羊
「チーム・バチスタFINALケルベロスの肖像」2014年 星野和成監督 伊藤淳史 仲村トオル 桐谷美玲  

小出恵介は示談が成立したそうだが、無期限の活動休止状態で復帰の目処は立たない。

Amazonビデオ
2017年6月21日観映 #251

映劇の芸