2017年10月21日土曜日

食いまくる男 松重豊「孤独のグルメ」

*時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に与えられた最高の癒し、と言えるのである。

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


久住昌之原作・谷口ジロー作画の人気漫画のドラマ化。主演は松重豊。2012年に放送開始して2017年でシーズン6となった。放映はテレビ東京。

輸入雑貨商を営む井之頭五郎(いのがしら・ごろう=松重豊)は仕事でさまざまな街を訪れる。そして一人、ふらりと立ち寄った店で食事をし、幸せに空腹を満たす。食べる。ひたすら食べる。食べまくる。

全編観ているわけではないが、料理の薀蓄(うんちく)を小賢しく語らないのが、妙に説得力がある。さぞや旨かろうと観ている側に感じさせるのだよね。

人間、最後は食い気か f^_^;)

Amazonビデオ
2017年10月20日観映 #278 
映劇の芸

2017年10月19日木曜日

綾野剛「コウノドリ」2015年シーズン1

*病院には生と死のドラマがある。昭和20年代まで助産婦の手で助産院や自宅で出産した人も多くいた。また終末を自宅で迎える人も増えてはいるが、大半の人が病院で生まれ亡くなる。「ドクターX」「コードブルー」「コウノドリ」など医療現場を舞台にしたドラマがヒットする『土壌』がここにある。

最新2017年発表の厚生労働省の人口動態統計によると、2016年に生まれた赤ちゃんは97万7千人で初めて100万人を割り、同年に亡くなった人は130万8千人と戦後最高となった。差し引き33万人の減少。日本の少子高齢化は著しい。新しい生命は宝にしたいものだ。    ×     ×   

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


綾野剛主演のドラマ「コウノドリ」2015年(全10話)を観る。
原作:鈴ノ木ユウ
脚本:山本むつみ 坪田文
演出:土井裕泰 金子文紀 加藤尚樹 
放映:TBS(2015年10月期)

出演
・綾野剛;鴻鳥サクラ / 天才ピアニストBaby 
・松岡茉優:下屋加江(産婦人科医)
・吉田羊:小松留美子(助産婦)
・星野源:四宮春樹(産婦人科医)
・坂口健太郎:白川領(新生児科医)
・大森南朋:今橋貴之(新生児科部長)
・浅野和之:大澤政信(ペルソナ総合医療センター院長)
・江口のりこ:向井祥子(メディカルソーシャルワーカー)
・山口紗弥加:新井恵美(新生児科医)
・平山祐介:加瀬宏(救命救急医)
・豊本明長:船越拓也(麻酔科医)
・清野菜名:角田真弓(助産婦)
準レギュラー
・小栗旬:永井浩之

第1話 俺たちは毎回奇跡のすぐそばにいる
第2話 答えのない選択
第3話 2つの手がつながる奇跡
第4話 小さな命 あなたを救うのは私
第5話 14歳の妊娠 少女が母になる時
第6話 タイムリミット 最後のチャンス
第7話 母との約束 正しい出産って何?
第8話 僕には忘れられない出産がある
第9話 燃え尽きて…病院を去るとき
第10話 母と子を救う チームが起こす奇跡

天才ピアニストBABYはライブハウスのピアノ演奏を突然切り上げた、満員の客席からどよめきが起こるが、すぐさま立ち去る。
彼の正体はペルソナ総合医療センターの産婦人科医・鴻鳥サクラ。急患が入ったため病院へ向かったのだった。
命に向き合う産科医・鴻鳥サクラの物語。

主演の綾野剛は優しさがにじみ出ている。毎回泣けるのはあの優しさが涙腺を刺激するからだろうね。
それにしても彼はトリに縁がある。「新宿スワン」では女性をお水の世界に誘うスカウトマン白鳥龍彦を演じ、ここでは産婦人科医の鴻鳥サクラという役だ。
拙ブログ「綾野剛」関連
「新宿スワン」2014年 園子温監督 和久井健原作 綾野剛 山田孝之 沢尻エリカ 伊勢谷友介
「天空の蜂」2015年 堤幸彦監督 東野圭吾原作 江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛
「るろうに剣心」2012年 大友啓史監督 和月伸宏原作 佐藤健 武井咲 蒼井優 香川照之 綾野剛 

シーズン2の第1話視聴率(13日放送)はビデオリサーチ関東地区で12.9%と好スタートだった。

Amazonビデオ
2017年10月18日観映 #277
映劇の芸                                                                                                                                  

2017年10月14日土曜日

岡田准一×役所広司「関ヶ原」

*岡田准一は作品に恵まれている。
「海賊とよばれた男」2017年 山崎貴監督 百田尚樹原作 岡田准一 綾瀬はるか 吉岡秀隆 染谷将大
「図書館戦争」2013年 佐藤信介監督 有川浩原作 岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰
「蜩ノ記」2014年 小泉堯史監督 葉室麟原作 役所広司 岡田准一 堀北真希 原田美枝子
「永遠の0」2014年 山崎貴監督 百田尚樹原作 岡田准一 井上真央 三浦春馬 吹石一恵 夏八木勲

★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ


岡田准一×役所広司主演の映画「関ヶ原」2017年を観る。
監督脚本:原田眞人
原作;司馬遼太郎
配給:東宝、アスミック・エース

出演
・岡田准一:石田三成
・役所広司:徳川家康
・有村架純:初芽
・平岳大:島左近
・東出昌大:小早川秀秋
・北村有起哉:井伊直政
・伊藤歩:蛇白 / 阿茶 
・滝藤賢一:豊臣秀吉
・キムラ緑子:北政所
・西岡徳馬:前田利家
・松山ケンイチ:直江兼続
・中越典子(花野) 壇蜜(尼僧妙善)
・音尾琢真(福島正則) 松角洋平(加藤清正) 大場泰正(大谷刑部)

石田三成は幼くして豊臣秀吉に才を認められ家臣となり、成長し大名に取り立てられた。三成の傍らには、自らの石高の半分を持って迎えた猛将 島左近と伊賀の忍び 初芽がいつもいた。
秀吉が体調悪化するなか、天下取りの野望を持つ徳川家康は秀吉の不興を買う小早川秀秋や秀吉恩顧の加藤清正、福島正則に言葉巧みに取り入って行く。
1598年秀吉が没し、翌1599年大老の前田利家が亡くなる。家康の勢力が高まっていく。
1600年6月、家康が上杉討伐へ向かう。三成は僚友大谷刑部を引き込み、上杉の家臣 直江兼続と挟み撃ちを図り、毛利輝元を総大将に挙兵する。
1600年9月15日、三成の西軍と家康率いる東軍が対峙する。天下分け目、関ヶ原__。

岡田准一が愛と正義に殉じる三成を、タヌキおやじの家康を役所広司が演じる。二人の共演は「蜩ノ記」以来の二度目。見応えはある。
三成にひたむきな愛を注ぐ忍びの有村架純が魅了的だ。

原田眞人さんは脚本も手がけ、なかなか凝る監督です。
「日本のいちばん長い日」2013年 原田眞人監督 役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一
「駈込み女と駆け出し男」2015年 原田眞人監督 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 樹木希林 

拙ブログ「役所広司」関連
「三度目の殺人」2017年 是枝裕和監督 福山雅治 役所広司 広瀬すず 斉藤由貴
「Shall we ダンス?」1996年 周防正行監督 役所広司 草刈民代 竹中直人 渡辺えり子
「清須会議」2013年 三谷幸喜監督 役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市 妻夫木聡 中谷美紀

イオンシネマみなとみらい
2017年10月12日観映 #276
映劇の芸

2017年10月12日木曜日

横山秀夫×佐藤浩市「64-ロクヨン-前編 後編」

*ニコヨンって言葉は死語だろう。日雇い労務者の俗称で、昭和20年代に失業対策事業に就労する人の日給が240円だったことに由来する。
ケロヨンはカエルの着ぐるみで、クロヨンは黒部第四ダム。そして64(ロクヨン)は__というまずいマクラであります f^_^;)     ×     × 



★ブログランキング参加中。
ご協力お願いします m(_ _)m   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

人気ブログランキング

横山秀夫原作×佐藤浩市主演の映画「64-ロクヨン-前編 後編」2016年を観る。
監督:瀬々敬久
脚本:久松真一・瀬々敬久
配給:東宝 

出演
・佐藤浩市:三上義信
・綾野剛:諏訪(広報室)
・榮倉奈々:美雲(広報室)
・夏川結衣:三上美那子
・永瀬正敏:雨宮芳男
・緒形直人:目崎正人
・吉岡秀隆:幸田(ロクヨン捜査班)
・瑛太:秋川(新聞記者)
・坂口健太郎:手嶋(新聞記者)
・三浦友和:松岡(捜査一課長)
・仲村トオル:二渡信治(三上と同期エリート)
・奥田瑛二 椎名桔平 赤井英和 
・滝藤賢一 金井勇太 筒井道隆 小沢征悦 
・鶴田真由 烏丸せつこ 芳根京子  

横山秀夫のベストセラー小説の映画化。
昭和天皇の崩御により、わずか7日で終わった昭和64年に起きた未解決の女児誘拐殺人事件__通称『ロクヨン』。未解決のまま時は流れ、平成14年。時効が目前に迫っていた。
刑事から広報官に異動した三上義信は、県警記者クラブとの確執、刑事部と警務部との対立に神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したような誘拐事件は発生する。

佐藤浩市の熱演が見どころです。
原作に忠実に作られた映画だと思う。

拙ブログ「佐藤浩市」関連
「壬生義士伝」2003年 滝田洋二郎監督 中井貴一 佐藤浩市 夏川結衣 三宅裕司 
「ザ・マジックアワー」2008年 三谷幸喜監督 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 西田敏行 

Amazonビデオ
2017年10月7日&9日観映 #274&#275 
映劇の芸